Blog

研修インストラクターの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験から始めるには

研修インストラクター~人生で一番印象に残っている恋愛~

自分が勤務していた企業とその関連会社の使っていたシステムが改変されることになりました。
県内の全店舗の従業員および管理職に対して、オペレーション研修を実施することになりました。
金融関係になるため、顧客対応の窓口業務や融資、支店長などの管理職においても管理業務を研修します。
研修内容は、理論(事務)と機械操作のキータッチの両方を組み合わせて行います。
また、これまでの事務に関する変更点や対応策など、実務面でのフォローも必要です。
一般的な知識やスキルの習得だけでなく、顧客への対応や説明についても研修する必要があります。
研修期間は10か月間の限定です。
環境は専用の施設に端末を配備し、各コースを数日かけての宿泊研修とします。
対象者は全職員のため、年齢や性別、キャリアなど様々です。
また、店舗の規模や形態も一定ではなく、想定される環境も固定されていません。
研修は1回につき40名以下で行われ、メインインストラクターにアシストするインストラクターが1名つきます。
研修では主にオペレーションを中心に、一日の業務を想定して実施されます。

研修インストラクター~一番嬉しかったこと~

毎週研修に来る職員(生徒)により多く理解してもらえるところ、県下全域にわたり、自分が携わるカテゴリの研修を受講するが、複数コースを受けることになるので、生徒数がかなり多く、ひとりひとりにあった説明をすることは難しい。

ただ、相手が聞きたいことは一定の傾向があるので、実務上問い合わせの多いケースを想定して、それをベースに説明していくと過半数の生徒の疑問に答えることができる。あとはそこから派生するであろうケースを想定し、「こういう場合もありうる」など先回りして説明を加えると、実務においての知識として役立ててもらえる。

それまで少ない知識で上司や先輩から言われるままに事務をこなしていた新人が、研修で得た知識をもとに、根拠を理解して顧客の要望に応えられたとき、あるいは顧客から感謝されたときなど、生徒とともに達成感を得られる。

また、それまで難解な説明では要領を得なかった生徒がピンポイントの説明で理解できるようになり、それが店舗全体に波及して質の高いサービスができるようになったとき、ミスが激減したときはとてもうれしかった。

管理職や支店長クラスにも研修するが、相手が自分を覚えていてくれて、よりにしてくれることも励みになった。

研修インストラクター~印象的な喧嘩の内容~

説明はパターン化できても、質問は何を聞かれるかわからないので
幅広い知識を要求されるが、準備等に追われて自己研鑽の時間が取りにくい。
研修期間は限られているので、説明が足りなくてもそこで終わらなければならないが、
実際に店舗にいるわけではないので、あとあとのフォローをすることができず、
中途半端に終わってしまうこともある。

自分がいくら入念に準備して理解してもらおうと思っていても、相手にそれを受け入れられないこともあり、
結局何も得ないまま帰してしまうようなときはとても落ち込んだ。

インストラクターは二人ペアで当たるのであるが、メインの講師は一人であり、
相方はフォローするだけに過ぎないので、孤独な戦いであり、またインストラクター同士の考え方の相違があって、
見解を合わせることはできなかった。

時間がいくらあっても足りなくて、研修期間を限定していなかったらどんどんはまってしまったと思う。

研修インストラクター~一番悩んだこと~

教育実習もしくは塾の講師など、生徒はいろんな人がくるので、子供のいる人、高齢者の家族を持つ人、兄弟が多い人など、いろんな人と接してきた経験のある人はそれなりに有利です。

逆に本をたくさん読むなど、人間の思考について観察や考察をする習慣のある人は、個々の生徒になかに踏み込んでいくことができるので対応の幅が広がります。

お話が得意な人は聞きやすいけれど、自分が話すことに傾いてしまっては逆効果なので、多少、説明がたどたどしくてもそこはマイナスにはならないと思います。むしろその方がなじみやすいとうけとる生徒もいるので、気にしなくてよいです。

研修インストラクター~その悩みをどうやって解決したか~

語彙を豊富に持ち、さらに相手に合わせた形でアウトプット(言い換え)ができる人。
一度や二度の説明では定着したように見えても、すぐ忘れてしまうので、
根気強く地道に繰り返し教える持久力のある方がよい。
相手の言語感覚に合わせて説明できれば、とてもスムーズに理解が得られるが、
そのとき理論に偏ってはダメ。
いくら正しい理論でも、相手の理解できる言葉で説明しなければ吸収してもらえない。
インストラクターは間違ってはいけないわけではない。
正しいことを教えることに執着する必要はないので、たまには間違えてみせることで、
正しいものを見つけさせるような柔軟性もあった方がよい。
相手が予備校生であれば、正しいものを提示しなければならないが、
インストラクターの場合は完璧主義に走ってはいけない。
生徒の2歩くらい先をのんびり歩けるくらいがよい。

研修インストラクター~その相手との後日談~

本人が研修インストラクターとして何を目指すかによるが、
生徒の育成に楽しさを感じるのであれば、ずっと現場で生徒と直接関わる業務をこなすことになる。
教材の準備やテキストの作成から始まり、まずはメインインストラクターのアシスタントから入る。
メインになってからはできるだけ多くの生徒を判別し、各人に合った説明ができるような講師を目指す。
個別の店舗から指名で研修依頼がくるようになれば合格。
生徒に直接関わらない企画分野のルートもある。
研修を実施するための計画、事務を遂行するための手続きの作成と配布。
施設や宿泊を含めた全体の手配など、全体のスケジュール管理も必要。
インストラクターが指名で出講するのに対し、
企画を持って研修計画を提案する営業的存在になる。

研修インストラクター~長く付き合っていくためのアドバイス~

以前は集合研修がメインであったが、最近はオンライン授業の方がより一般的な場合もあるかもしれない。
対面でカバーできていたことができなくなる点や、相手の特性を把握しにくい点など、留意することは多い。
また、紙配布と違って研修資料もデータ配布になることが多い。
一覧性のある資料を作る際には書き込みすぎに注意が必要だ。
容量が増えすぎるのも生徒の手に余ることになるので、メインの資料は主要なことがぼやけないように
シンプルな構成とし、サブ資料でその都度補足説明を加えるなど、漫然とならないような配慮が必要だ。
生徒の反応を見ることができにくいので、事前にEラーニングなどを実施し、
どの程度の理解があるのかを把握するのも良い。
研修のシステムが双方向であるかによっても対応は異なってくるので、
まずはそこを踏まえて全体を企画することが必要となる。
研修終了後、感想など生徒からのフィードバックを受けて分析しておく必要がある。
オンラインになるとある程度生徒が均質化されるものの、ついてこられなかった生徒を拾うことが難しくなるので、
埋没することがないよう個々人からの反応を把握しておくことが重要だ。

研修インストラクター~今当時を振り返って、過去の自分や同じような状況の方にかけたい言葉~

人に何かを教えることは、日常でもよくあることですが、教えることが目的になってはいけません。最終目的は相手が理解することです。そのためには、相手の中に入り込む必要があります。生徒個人をよく把握しなければ、相手の望む形で知識を提供することはできません。教える前に、相手のことを教えてもらってください。

教育の形は相手次第です。生徒の数だけ、教える形があると思ってもよいでしょう。その人に一番適した形はどれなのか、まずは生徒からそれを学んでください。それから、自分の中にある知識を伝えてください。そして、いま、この時にそれを理解できなくても、焦らないでください。

教育は点です。点はいくらたくさん置いても点のままですが、点をつなぐことができれば線となり、面となります。点は教えてすぐにつながらなくても、ある日突然つながり始めます。それまで生徒を見守りながら、点を育み続けてください。